学生支援

特別奨学生制度

希望者の全員が受験できます。認定されたランクに応じて、入学年度(平成29年度)の授業料の全額または一部が免除される制度です。
詳細は平成29年度生募集要項をご覧下さい。
また、特待生制度について、オープンキャンパスでも、詳しくご説明しています。

≪認定ランクと免除学≫

  • ランクA:授業料全額(620.000円)免除
  • ランクB:授業料半額(310.000円)免除
  • ランクC:授業料一部(150.000円)免除
  • ランクD:授業料一部(80.000円)免除
  • ランクE:授業料一部(50.000円)免除
  • ランクF:授業料一部(30.000円)免除

※日本学生支援機構奨学金や国の教育ローン(日本政策金融公庫)と併用することができます。

兄弟姉妹割引制度

専願・併願に関わらず該当する方全員に適用となります。なお、特待生制度と同時に申し込む場合は、どちらか免除金額の高い方のみが適用となります。

  • 免除内容:入学金半額免除(50,000円)
  • 免除対象:
    (1)兄弟姉妹に本校、またはMCL専門学校グループに卒業生または在学生がいる方
    (2)兄弟姉妹が同時に本校、またはMCL専門学校グループに入学する場合はどちらか一方

入寮奨学生制度

本校が規定する寮に入寮する場合、入寮奨学生として月々1万円(年間12万円)を退寮まで補助(返還不要)する制度です。

  • 出願時に入寮奨学生申請書を提出してください。
  • 毎月の家賃は奨学金分を引いての請求となります。
  • 寮規約に違反する行為があった場合は、奨学金の支給が停止されるか、退寮していただくことになります。

※詳しくは、平成29年度生募集要項をご覧下さい。
※入寮は入学確定者順です。各寮定員がございますので、ご希望の方はお早めにご相談ください。

日本学生支援機構奨学金

経済的理由で修学に困難があり、人物・成績ともに優秀な学生に対して貸与されます。卒業後には返還義務がありますので、返済プランまで十分考慮して申し込みを行ってください。採用基準ならびに採用人数制限があるため、希望者の中から選考の上、貸与者が決定されます。
なお、日本学生支援機構の規程により、2年制以上の学科のみが対象となります。

詳しくは日本学生支援機構のHP(http://www.jasso.go.jp/)をご覧下さい。

申し込み方法

いずれも学校経由で手続きを行います。

[1]予約採用 高校在学中に申し込み、採用候補者決定通知を受理
[2]在学採用 本校入学後に実施される説明会に参加し、応募書類一式を揃えて申し込む
[3]緊急採用 家計の急変(家計支持者の失職・事故・病気・死亡など)があった場合に申し込む(無利子)募集は随時
[4]応急採用 緊急採用と同様(有利子)

種類

第一種奨学金と第二種奨学金の2種類があります。

  第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子:上限3%)
貸与月額 自宅通学:30,000円、53,000円より選択
自宅外通学:30,000円、60,000円より選択
30,000円、50,000円、 80,000円
100,000円 、120,000円より選択
貸与始期 1年次:6月から(4月に遡っての貸与)
2年次以降:4月から
1年次:4月から9月の間で希望する月を選択
2年次以降:4月から
選考 特に優れた学生で経済的理由により、著しく修学が困難である 第一種奨学金より緩やかな基準により選考される

他学費支援制度

外部リンクへ飛びます。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

[1] 日本政策金融公庫が貸付する教育ローン

銀行等より低利子で借りられ、返済期間も銀行より長く設定できます。融資の対象は、所得等による制限があります。

[2] 融資額

融資額は子供1 人につき合計350万円まで、借りられる金額は1年間に必要な費用です。
入学準備金として合格後の学費納入や入寮の準備、アパートの費用、通学定期費用など、就学に係わる費用を借りることができます。2年目は授業料等の修学資金として、300万円から1年目に借りた金額を引いた額まで借りることができます。
また、返済については、在学中は元本据え置きで利子のみの支払いとすることができます。
合格後の学費納入費用準備として活用できます。
例えば、本校10月受験の場合、出願を決めたら受験前の9月中に融資を申し込み、必要書類を準備して審査を受け、事前に本契約を交わしておくと、合格発表後1週間ほどで融資を受けることができるそうです。
この場合に借りられる金額は、受験の年の10月から翌年の9月分の修学に必要な費用となります。入学金や学費のほか、入寮予定者は入寮決定前でも入寮費や月々の寮費も計上して借りることができます。

※ 詳しくは、日本政策金融公庫のホームページをご覧ください。返済シュミレーションも大変便利です。